設立主旨

21世紀の日本は、世界のどの国も経験したことのない早さと高さの超高齢社会を迎えます。

そして、社会は情報技術の進歩や国際情勢の変化等により、経済や教育はもちろん社会全体が大きく変化しつつあります。

清武町においても例外ではなく、この社会の変化へ対応をしていかなければ、高齢者が安心して暮らし、 子どもを健全に育成していく地域社会を維持し、そして清武町自体を発展させることは出来ません。

そこで、これまでの行政任せとなっていた地域に存在する問題やあらゆる活動を、それぞれの地域の住民が、当事者として自主的に具体的に取り組み行動することが重要だと考えています。

こういった活動に裏打ちされた地域住民と行政とが手に手をとって協働型の活動をすることが、これからの清武町をよりよいものに育てていくために必要なことだと思います。

本会は、地域住民の自主的かつ具体的な活動の場を創出し、その活動を通じて地域住民のコミュニケーションを図りながら自立した地域社会を目指し、そして、行政との「協働型」の活動によって地域を育てる活動を社会的な事業として継続できるよう特定非営利活動法人として平成15年6月2日に法人設立いたしました。


平成15年2月17日

特定非営利活動法人ハートム

設立代表者 宮崎県宮崎郡清武町池田台21番地13

初鹿野 聡